視力回復 ツボ

視力回復できるツボは、目の付近だけにあるとは限りません。

手だったり耳だったり、意外な場所にも、疲れ目や視力回復に効果的なツボがあります。

その中でもオススメなのが、太陽(たいよう)と呼ばれるツボです。

太陽は別名をこめかみといいますが、いわゆるこめかみ=太陽ではなく、こめかみよりも少しだけ眉尻の方にあります。

ツボ療法発祥の地である中国では、このツボさえ押していれば目医者はいらないとまでいわれていたそうです。

疲れ目を改善できますし、老眼の視力回復効果もあります。

指が滑って目を傷つけないように、人差し指に中指を添えるようにして押すといいでしょう。

目の周辺には、太陽の他にも、目頭と鼻の間にある清明(せいめい)、眉頭と目頭の間にある攅竹(さんちく)など、目の疲れの改善に効果的なツボが密集しています。

これらのツボを押せば、目の疲れがとれて視力回復にもつながるはずです。

また、耳たぶの中央からやや下あたりを指でつまんで、30秒くらい刺激するのも疲れ目に効くでしょう。

それに、親指と人差し指の骨の付け根の手前の少し人差し指よりにある合谷(ごうこく)というツボも、疲れ目を改善してくれます。

 

ページトップへ