視力回復 手術

視力回復手術としては、今までレーシックが一般的に行われる手術方法でした。

レーシック手術は、角膜をレーザーで削って、光の屈折角度を調整することによって視力回復を図るもので、角膜の薄い人には手術ができないこともありました。

そこで近年、注目を浴びている視力回復手術が、ICL(アイシーエル)手術です。

ICLは、黒目と水晶体の間に、メガネやコンタクトレンズと同じ働きをする視力補助のレンズを移植することによって、視力回復ができるというものです。

目本来の視力が回復するのではなく、レンズを移植することにより、メガネやコンタクトレンズのように視力を補助してくれます。

手術時間も10分程度で終わりますし、移植したレンズがずれることもめったにないため、注目を浴びるようになった手術方法です。

ただ、いずれにしても、視力回復手術を受ける際には、医師と十分に話し合った上で、どのような手術が最適か判断し、手術を受けることによるリスクもきちんと理解するようにしてください。

 

ページトップへ