目薬で視力回復

ドライアイや疲れ目による視力低下の場合は、目薬を使うことで視力回復が期待できます。

しかし、近視、乱視、遠視の場合や何らかの眼の病気によって視力が低下した時には、目薬を点眼しても視力は回復できません。

視力というのは一旦低下し始めると、あっという間に眼鏡やコンタクトレンズがなくては周りが見えないほどまで低下してしまいます。

自分の視力低下の原因がわかっている人であれば、目薬が効果があるか判断できますが、大抵の場合は原因がわからないものです。

原因はよくわからないけれど、最近目がかすんだり見えにくくなったなと感じたら、すぐ眼科を受診するようにするといいかもしれません。

眼病になる前に眼科医に診てもらえば、目薬で視力回復ができる可能性が高まるからです。

でも、視力低下を目薬によって回復できる確率はそれほど高くありませんから、あまり期待はしない方がいいでしょう。

極端に下がってしまった視力を回復させる方法としては、手術が一般的な治療方法となっています。

 

ページトップへ