腕振りで視力回復

腕振りで視力回復できるというのは本当で、この方法はロングスイングと呼ばれています。

具体的なやり方としては、まず、足を15センチほど開いて立ってください。

そして、体を180度左右に回しますが、右に回す時は左足のかかとをあげ、左に回す時は右のかかとをあげるようにします。

視線は特に意識する必要はありませんが、ポイントは周りの景色を意識しすぎないことです。

視線をどこに向ければいいかわからないという人は、少しだけ視線を落とし気味にするといいでしょう。

ロングスイングは基礎トレーニングでもあり、長時間やっても体に負担がかかることはありません。

忙しい人でも最低2分くらい、時間がある人ならゆっくりと行ってみてください。

視力回復効果には個人差がありますが、とても簡単にできますし、リラックス効果を得ることもできるトレーニングですので、試しにやってみてもいいかもしれませんね。

腕振りは口コミでの評判も上々の視力回復方法ですから、試す価値は十分にあるでしょう。

 

ページトップへ