AGA 種類

AGAによる脱毛は、大きく分けると4種類になるでしょう。

まず、頭の一番上の部分から毛が抜け始めて、頭頂部分が集中して薄くなってしまう「頭頂部脱毛」があります。

頭頂部脱毛はそれ以外の箇所の毛も抜けてしまいますが、とりわけ頭頂部分の薄毛が著しく進行するため、河童のようになってしまうのです。

また、髪の毛の生え際である額部分の毛が集中して抜けてしまうAGAを「前髪脱毛」と呼んでいます。

サザエさんの波平タイプの脱毛で、症状が進行するにつれて、額が広くみえてしまいます。

このタイプになってしまう人がとても多いのですが、育毛や植毛によってカバーすることができるでしょう。

それに、髪の毛の生えているラインがMの字のように後退してしまうケースを「M字脱毛」といいます。

ドラゴンボールのべジータのような感じですね。

そして、これまでの三種類のAGAのパターンが合わさったものが、「複合型脱毛」です。

例えば、アルシンドのように、額から頭頂部にかけてきれいに毛が抜けているケースが挙げられます。

このように、AGAと一言でいっても、脱毛の特徴などで分類されており、どのタイプであるかによって原因が異なっていることもあるのです。

 

ページトップへ