AGA 遺伝子検査キット

残念ですが、自分がAGAであるかどうかを遺伝子検査キットで診断することは不可能です。

遺伝子検査キットでAGAの診断ができると勘違いしている人が多いのですが、それは不可能で、遺伝子検査は違う目的で使用されています。

遺伝子検査でわかることは、自分がAGAになりやすい体質であるかどうかと、AGAの治療薬として処方されるファナステリドが作用するかの2点です。

また、現在病院にかかっている場合には、病院で検査などが行われますので、自分で検査をする必要はありません。

遺伝子検査キットは、病院にかかっていない人が自分でAGAをケアしようと思った際に、ファナステリドが効果があるか検査することによって、治療薬が効くか知ることができます。

AGAについて何もわからないという人も、AGAの遺伝子検査キットを購入すると、AGAについての説明本が付属でついてきますので安心です。

近年では、インターネットで注文すると自宅に郵送してくれるサイトもありますから、上記の目的で使用する場合には買ってみるのもいいかもしれません。

ただし、AGAであるかどうかの判断はできかねるというのは頭に入れておいてくださいね。

 

ページトップへ